【公式】デザイン|(仮称)三鷹駅直結タワープロジェクト|JR中央線・東京メトロ東西線「三鷹」駅直結1分|相鉄不動産と三菱地所レジデンスが贈る駅前商業一体「再開発」タワーマンション

(仮称)三鷹駅直結タワープロジェクト

MENUCLOSE

DESIGN

外観完成予想CG外観完成予想CG
外観完成予想CG

武蔵野MODERN

武蔵野の地に生まれる、タワーの美学。

美しき「和」の要素

武蔵野の地が育む美意識を集めてかたちにするかのように―。本プロジェクトのトータルデザインコンセプトは「武蔵野MODERN」。それは、日本人の原風景とも言える「武蔵野」の面影を残すこの地の自然や景観を継承し、その美しき「和」のエッセンスを現代的な感性で描いていくこと。

外観完成予想CG
外観完成予想CG
見る角度によって異なる表情を

色調は三鷹エリアが育む豊かな自然と調和するアースカラーをベースとし、全体構造として有機的なアシンメトリーなデザインを採用することで、見る角度によって異なる表情を魅せるようプランニング。

外観完成予想CG
外観完成予想CG
表現性豊かなマテリアルを選定

三鷹駅前に相応しいシンボルとなるよう、素材の選定にもこだわっています。特に、商業施設やオフィスが入る下層階は、様々なマテリアルを組み合わせた豊かな表現性で、歩行者目線のアプローチを軽やかなイメージで彩っていきます。

外観マテリアル写真
外観マテリアル写真
夜空に浮かび上がる
駅前のシンボル。

北西面のレジデンスゾーンには、屋上階まで伸びるウッド調のルーバーを配置。日中は伸びやかに空へと続くタワーのデザイン性を強調し、夜間にはルーバー部分が「行灯」のような柔らかな光りを放ちます。日本古来の照明のテイストを取り入れた印象的なプランニングは、駅前のランドマークタワーとして幻想的に浮かび上がります。

image
image

外装デザイン監修
三菱地所設計
チーフアーキテクト
本田 恵美
Emi Honda

三菱地所設計 チーフアーキテクト 本田 恵美
光の演出イメージイラスト
光の演出イメージイラスト

武蔵野の面影を継承

武蔵野の情緒を継承した共用部デザイン。

デッキエントランス完成予想CG
デッキエントランス完成予想CG
DESIGN CONCEPT 01この地が育む
趣きと自然を継承すること。

緑と水、武蔵野の面影。

続きを読む
坪庭イメージイラスト
坪庭イメージイラスト

「三鷹」は、江戸時代に徳川家の鷹場であったことが地名の由来と言われ、また多くの文豪たちに愛された土地として、歴史・文学の薫りを色濃く残す「和」の趣きを感じられる地。そして、武蔵野の面影を今に残し、豊かな自然を身近に感じることができる場所でもあります。
私たちは共用空間をデザインするにあたり、この地ならではの「和」「自然」の情緒を現代的に表現し、世代を越えて愛される空間づくりを目指しました。

デッキエントランスは、シックな色彩の素材で統一し、レジデンスの迎えの場としての品格を創出。エントランスホールやラウンジよりもあえて天井高を抑えることで、歩み入るほどにのびやかさを感じる、上質な空間のつながりを生み出しています。また、デッキエントランス横には坪庭を配置。奥行きとリズムを感じる空間設計、水面にみたてた本磨きの床石、紅葉などの日本の四季を感じる植栽が、やすらぎの時間を描き出していきます。

オーナーズゲート完成予想CG
オーナーズゲート完成予想CG
コンシェルジュカウンター完成予想CG
コンシェルジュカウンター完成予想CG
DESIGN CONCEPT 02和の美意識を、
迎えの空間に。

象徴的な場に施す、繊細なアイアンワーク。

続きを読む
共用部マテリアル写真
共用部マテリアル写真

駅前広場から続くアプローチなどの共用部は、レジデンスが育むストーリーが色濃く感じられる場所となるようプランニングしました。それは、この地の美意識、そして一つひとつのマテリアルの素材感を大切にした、シンプルながらも「わび」「さび」を感じる空間設計。アプローチのオーナーズゲートには「林道」をイメージしたアイアンワークを施し、壁面には和文様のマテリアルや、足元を柔らかく照らす照明を計画。自然の木立のなかに歩みを進めるような、印象深い空間としました。

エントランスホールは、コンシェルジュカウンターを配置した開放感溢れる迎えの場。カウンターの背面には「川の流れ」をモチーフにしたアイアンワークを設置し、空間全体にリズムを生み出します。三鷹が育む豊かな水・林・森を意匠化し、随所に取り入れていくことで、この地の景観や趣きと繋がる洗練のレジデンス空間を目指しました。

共用部デザイン監修
メック・デザイン・インターナショナル
デザイナー
葛西 遙
Haruka Kasai

メック・デザイン・インターナショナル デザイナー 葛西遙